等覚寺

等覚寺について

当寺は山号を法雨山と称し、曹洞宗(禅宗)である。
創建の時代は明らかでないが、千葉六党の内、中島城主海上山山城守(常直)城内に観音、薬師、地蔵の三尊体を安置していた。
然かるに明徳元年(1390年)の春から夏にかけて、疫病が流行し、多くの人々が苦しんだ、そのとき此の三尊体が夢中に化身の姿を現し、善く庶民の句を救うを夢見て、一仏に千体の像を彫み一寺を建立し、三千仏体を安置する。三千仏体の成就により本寺を成就院という。
これが当時の始まりであり海上山城守(成就院殿雲峰理鏡大禅定門応永7年11月7日逝去)を以って開基とする。
その後天正18年(1590年)松平外記伊昌、軍功により銚子飯沼二千石を拝領し、領内巡視の際当寺に参詣して、古跡の霊刹なりとて家康より拝受せる伏見亥の口陣屋の建物を船廻して、本堂、庫裡を再建し、慶長2年(1597年)3月香取郡小見川町岡飯田、芳泰寺より春芳和尚を請して開山とする。

 初代伊昌公(五井松平家の五代目)は慶長6年(1601年)9月8日逝去され、大阪天満の正泉寺に葬る。
二代忠実公は慶安5年8月23日京都二条城にて逝去され、等覚院殿一宗源無大居士の法号をおくられる。これより以後当寺を等覚寺と称する。
また忠実公を中興開基と仰ぎ松平外記代々(二代忠実~十五代忠凱)のお墓も現存している。
五代目忠明の時に遠州志土呂に移封される。
現在の本堂庫裡は改築されてはいるが、当時の陣屋の材料はそのまま使用されている。

成就院の建物は三千仏体を安置しているので三千堂ともいい、元禄年間(1700年頃)再建されたものと思われる。他に銚子市の文化財に指定されている鎌倉時代の仏像二体、釈迦如来像と薬師如来像を安置してあり、ともに毎年7月11日に御開帳を行い一般に公開している。
また開基海上公の本像も安置され(約200年前に作られたものと推定)安政5年(1859年)に再建されたものでいたみもひどかったが、海上公ゆかりの信者の寄進により昭和53年(1978年)再建された。

納骨について


永代供養

後継者がいない、または遠方のために永代供養墓を選択するご家族が増えています。
お寺が管理している永代供養墓がご先祖様を永代に渡りお守りいたします。

事前のご相談も可能です。
永代供養のことについてご不明な点やご不安なこと、お気軽にご相談ください。

墓所

一家のお墓は家族や親せきが自然と集まる場所。
緑に囲まれた静かな墓地で、故人との時間をお過ごしください。

寺内にある墓地は好評分譲中です。
参拝者専用の駐車場もございますので、ご家族でお参りください。

寺院の特色

葬儀出向寺院葬 永代供養 墓地
祈祷水子供養ペット供養樹木葬
会館駐車場バリアフリーその他

寺院概要

住所〒288-0852 
千葉県銚子市岡野台町2-473
交通公共交通機関でお越しのみなさまへ
JR総武本線「銚子駅」
タクシーで8分
JR総武本線「銚子駅」
バス 豊里又は西高行き
「余山」下車 徒歩15分

車でお越しのみなさまへ
東関東自動車道、佐原香取IC
国道356号線で約1時間
電話0479-24-1079
HPhttps://www.toukakuji.com/

アクセスマップ

他の寺院

  1. 入谷駅前墓苑

  2. 養国院

  3. 医王寺

  4. 清浄寺

  5. 宝持寺

  6. 観音寺